スマホでテザリング爆遅の黄砂・pm2.5原因説最終報告?

『lifelifehack.com』です。

またまたスマホでテザリングの話です。

月が変わり、スマホのデータ容量ゼロが契約プランの3GBに戻り、ずっとそのデータ容量を使わない「低速」で3GBキープの日々を過ごしました。

※僕が契約しているUQモバイルのスマホは、「高速」と「低速」とを切り替えれます。
「高速」とは、UQモバイル公表の実効速度46.2mbpsで、「低速」は送受信最大300kbpsです。

これまで通信速度が遅いのは、黄砂が原因?とかpm2.5が原因?とか言ってましたが、今日はその黄砂もpm2.5も1日中「少ない」という予報だったので、久しぶりにスマホのテザリング機能でパソコンを動かしました。

ところが、「低速」は爆遅でひたすらぐるぐるとなり通信が完了しません。

すぐに「高速」へ切り替えて使用したら、即通信です。

爆速ではないですが、サクサク通信です。

こんなサクサクは、データ容量の消費が多いと予想し、約30分で切り上げてパソコンの作業を終えました。

3GBは、2.32GBになってました。

内容は、ワードプレスのプラグインの更新1件、数件のGメールをチェック、わからない言葉を1つGoogleで検索で、0.68GBの消費でした。

この消費量がまあまあ予想範囲内だったので、その後も続けてテザリングでパソコンを使いはてなブログのブロガーさんの記事を拝見したり、わからない言葉の検索をいくつかしたり、サイトを見たり・・・。

いつもだったら、すぐに「低速」に切り替えるのに「高速」のサクサクが心地よくてずっとそのままで使ってしまいました。

そして、久しぶりにパソコンではてなブログを更新しようという気になったので、ここで一旦スマホのデータ容量の残量を確認。

データ残量0.95GB・・・(汗)

テザリング、恐るべしデータ消費量です。

慌てて「低速」に切り替えて、もう今月は「高速」に切り替えないと心に決めたのでした。

結局、またスマホでブログの更新となりました。

黄砂やpm2.5が通信に影響しているかは確証がないまま過ぎそう。