auの3GガラケーからUQモバイルのスマホへ。その金額など

『lifelifehack.com』です。

KDDIが同じ系列のauからUQモバイルに移行する手数料などの金額を実質無料にしたのが2021年の2月頃でした。

3Gのガラケーでひたすらねばって、「手数料など実質無料」になってからやっとスマホにしたわけですが、実際の料金内訳を確認しないことには安心できないでいました。

後でお金は戻ってくるとUQモバイルの店員さんから口頭で聞かされつつ、UQモバイルの契約時に手数料を取られ、auの最後の請求でガッツリ請求されてたので。

「手数料など実質無料」のやり方はというと、月々の請求額からマイナスしていくという感じ。

店員さんが「手数料などが実質無料なんです!」と言って客からお金を取らなければ済むだけの話なのに。

今もそんな二度手間なことをしているのかは調べてないので不明ですが、夏頃からスムーズに移行できるようにすると聞いた気がします。

こちらとしてはUQモバイルの最初の請求額から0円という心づもりでいましたが、UQモバイルの初月の請求額の内訳は、初月の日割りの請求額でした。

???

ではいつから?

と、素朴な疑問・・・。

次の月から「手数料など実質無料」が適応されて請求額は0円でした。

■auでの契約解除料が税込み3300円(この金額はauでの契約期間によって異なります)

■電話番号をauからUQモバイルに移行するMNPが税込み3300円

■UQモバイルの契約時の事務手数料が税込み3300円。

上記3つが「auからの移行」という名目でUQモバイルの内訳に記載されていたものの全てです。

合計額が税込み9900円。

9900円・・・。

この金額のポイント還元とか実質0円みたいにどこかの携帯会社がしてたかどうか、今となっては記憶にございません。

MNPはずいぶん前から0円だった気がしますが。

さて、僕がUQモバイルで契約しているプランは、通話ができるプラン「くりこしプランS」です。

*通話はできますが、無料通話は別料金のオプションです。

「くりこしプランS」は、3GBで月額1480円+ユニバーサルサービス料3円+消費税148円。

合計額1631円です。

「auからの移行」という名目の手数料などの合計9900円から毎月1631円を引いて6ヶ月を経過した時点で残金114円です。

2回目の請求がきたところでの予想は、「手数料など実質無料」を6ヶ月以上かけて行うみたい。

残金を一括で振り込んでくることはないという感じ。

なので「くりこしプランS」の場合、通話料金の請求やデータ容量の買い増しがなければ、その6ヶ月間は請求額が0円でしょう。

「手数料など実質無料」とは、2021年4月現在そんな感じのようです。

個人的な備忘録ですが、誰かのお役に立てば幸いです。