早期退職後に書いてる電子書籍がイギリスで売れた?!その儲けは?!

勤めてた会社を早期退職した後に電子書籍出版で本を出版してることは、このブログでちょこちょこ書いてます。

その電子書籍出版のことを少し説明すると、販売の対象地域は全世界です。

全世界・・・響きが良すぎ(^^)

そうは言ってもバリバリの日本語で書いてるので、言語が異なるところで売れても読めないだろうとか、現地の日本語が解る人が購入してくれるのかな?とか漠然と思ってました。

で、つい先日、イギリスで売れたということを電子書籍出版のところからのメールで知り、銀行への振り込み額を楽しみにしてたんです(^^)

このへんは、宝くじ購入者と同じ気持ちです。

イギリスで売れたということは、イギリスという名前のついた宝くじが手元に1枚あって、当選金額(印税)は発表当日(振り込み日)でないとわからないみたいな。

宝くじ購入者が〇億円とかの当選金額を夢見るのと同様に、物書きとして考えると、イギリスと言えば『ハリー・ポッター』のJ・K・ローリングさんを思い浮かべ、これからどんどん売れたらすごいぞ!みたいな\(^-^)/

表現がわかりずらくてすいません。

電子書籍出版のサイトにログインしたら売れたかどうかを毎日チェックできるかも知れず、そうすると印税額もダイレクトにわかるかもしれません。

しかし、僕は無名で下手クソ作家(気取り)なので、儲けを常に意識してなくて、通帳記入でしか印税額を見てません。

印税、印税と何回も書いて、ちょっと盛り上げといてからの結論・・・。

まぁ、山登りは頂上を目指すのが楽しいということで。


ここからは『鬼滅の刃』の落ち込んだ善逸っぽく読んでください。
―――――――――――――――
僕の山は険しすぎるみたいです。

せっかく会社を早期退職した後にやってるライフワークなので、下山だけはしないようにしたいです。

以上です。
―――――――――――――――

善逸改め、ここからはブログ主です。

ルンルン♪で銀行へ通帳記入に行きましたよ。

ATMから出てきた記帳済みの通帳をその場で見ずに帰り、家で1人のときに見ました。

水道光熱費やクレジットカードの引き落としなどの間に、何やら見慣れない文字。

「ドイツギンコウ」

イギリスで売れたのにドイツとは、出版側の取引銀行の関係だろうと適当に想像してます。

そして、肝心の金額です。

通帳に印字されてた金額は・・・「3」。

3円?

ここからは、また『鬼滅の刃』、取り乱して涙ながらに早口でしゃべる善逸っぽく読んでください。
――――――――――――――
イギリスでも読み放題のシステムがあって、英語を話す現地の人が間違って数ページ見ただけ、みたいな感じ?

イギリスに住む日本語がわかる人が読んで、面白くないから速攻で読むのをやめた?

あるいは、ちゃんと1冊売れたけど、手数料を引かれると作者にはこれだけしか入らないとか?

ポテチくらい買えると期待したのになぁぁぁぁぁー!
―――――――――――――――


善逸改め、再びブログ主です(ToT)

イギリスで売れたというメールをもらってから書いた、以前のブログ記事のURLを以下に貼っときます。

僕は読み返してないですが、まだ見ぬ宝くじの当選金額に夢見心地で書いたような寒いブログ記事かも(ToT)

■『早期退職と電子書籍出版』⇩
URL:https://www.lifelifehack.com/entry/soukiritaia1121