早期退職後、初の実家帰省②

昨日(2022/4/3)に、早期退職後&コロナ禍突入後、初の実家帰省をしました。

おおざっぱに言って、僕は5年くらい実家に帰ってない感じだったかも。

でも帰省期間は以前の帰省時と同じ日帰りということもあり、実家に行って必要時間を滞在して帰途に就いただけでした。

ずいぶん前に亡くなった友人の墓参りもしたかったのですが、時間に余裕が無いと思っていつものように後回しにして行かず、薄情な限りです。

さて、「早期退職後&コロナ禍突入後、初の実家帰省」は、親に呼ばれたので行ったわけで自発的ではありません。

5年くらい帰ってないと、実家へ帰る長い道中の高速道路から見える景色や下道の景色、そして実家周辺も結構変わってました。

実家がある地域は過疎地ではないのに、お店が廃墟みたいになってたり更地になってたりするところが点々とあり、昔から右折や左折の目印にしてた建物なども無くなってたり違う建物になってたりで、道を間違えた?と思ったときもありました。

地元は、できたばかりの店や変わらないところももちろんありましたが、すれ違う車が以前の記憶より増して「変なの」が多く、家の近所の細い道を久しぶりに走る安全運転の僕を譲ってくれる車が一台も無かったことも手伝って、印象は悪いことが多かったのでした。

さて、「こんなに変わるもんなのか?」と風景の様変わりなどに驚きつつ実家に到着したら、親はすっかり年寄りになってしまってました。

良くも悪くも口うるさい親ではなくなってたというわけです。

僕が会社を辞めたことや無職の現況はさておき、親自身の会社勤め時代の昔の話をすることが多く、僕は聞くばかりでした。

次回へ続く(^^)