見た目を良くする人は、何時でも何歳でも中身が伴わないといけない?!

今日は子供が病院で検査をする日でした。

病院内のエレベーター前で待ってると、杖をついた紳士風のじいさんが後から来ました。

じいさんは、ちょっと英国紳士を気取ったような身なりで、大学生くらいの付き添いの若者が横にいました。

エレベーターの扉が開き乗ってた人が降りてる最中にじいさんがエレベーターに乗ろうとし始めました。

僕はじいさんや付き添いの若者の顔をチラ見しました。

じいさんは周りを見ていず、若者は周りを見て申し訳なさそうな表情をして、僕の家族などがエレベーター内に入り終わるまで「開く」ボタンを押してくれてました。

エレベーターから降りるときも、扉前に立ってた僕や子供を無視して、じいさんは一番に出ました。

「衣食足りて礼節を知る」なんて言葉がありますが、じいさんは紳士風の身なりをやめるべきだと僕は思いました。

子供の診察を待ってるときにパートナーにエレベーターのじいさんのことを言うと「いっぱいいっぱいなんだよ」とさらりと一言だけ言いました。

「それ、名言な(^^)」

車で道を走ってたり散歩してたりして思うのですが、高級車に乗ってる人って礼節を知ってると思うじゃないですか?

9割方だまされますけどね。

いくら身なりが良くても高級車に乗ってても、マナーが悪い人は、「いっぱいいっぱいなんだ」ということで。

*「いっぱいいっぱい」という言葉を調べると、少しの余裕もないさま、特に金銭の支払いなどで最大限に達してるさま、とのこと。

服や車を買ってお金の余裕がないと、実は「衣食に精一杯で礼節知らず」かも(^^)