スマホの待機画面に「アプリのアップデートが必要です」と表示されて、アプリのアップデートをしたいときのやり方。

今回は、Androidスマホのアプリのアップデートのやり方です。

スマホにより画面が多少変わってくることをご了承ください。

【スマホアプリのアップデートとは】

忘れた頃にやってくる感があるスマホアプリのアップデートですが、アップデートの有無を確認するといつも何かしらのアップデートがあったりします。

スマホを起動させた待機画面に「アップデートをしましょう」的なものが出るのは、いくつ溜まってから出るかは定かではないですが、その表示が出たときにはかなりの数のアップデートがある場合が多いです。

アプリのアップデート理由は各アプリで様々です。

「不具合の修正・改善、パフォーマンスの改善」が多く、セキュリティで気になるアプリのアップデートは欠かさないほうが良さそうです。

各アプリのアップデートの内容の見方も後述します。

スマホを起動させた画面に出る表示からしかアップデートをしたことがない人や、暇なときに常にアプリをアップデートしたい人は参考にしてください。

スマホを見る人の画像

写真AC

【スマホアプリのアップデートのやり方】

①アプリの画面の「Playストア」をタップします。 

②次の画面で左上の三本線をタップします。

③次に「マイアプリ&ゲーム」をタップします。

④スマホのギガバイト残量を気にしなくて良い人やWi-Fi環境での更新の場合、下の画像にある「すべて更新」をタップするとアップデートが始まります。

※アップデートをしたくないアプリがあるなどのこだわりや事情がある人は、アップデートをしたいアプリ右横の個別の「更新」をタップします。

更新が終わったら、更新したアプリをとりあえず見てみることをおすすめします。

だいたいはバグの修正だとか、ユーザーからは何をアップデートしたのかがわからないことがほとんどです。

しかし更新内容によっては、例えばですがアプリ内の普段使いのボタンの場所が変わっていたりしますので、忘れた頃にアプリを開いてビックリなんてこともあり得ます。

個人的に以前あったのが、スマホ決済のアプリでアップデート後にログインをし直すというのがありました。

アップデート後に確認していなくて、お店のレジ前で決済時に発見して慌てたことがあります。

【各アプリのアップデートの内容の見方】

各アプリの「更新」のすぐ左にある(上の画像では下向きになってる)矢印のようなマークをタップすると下の画像のようにアップデートの内容がわかります。

アップデートの内容がわからなくても、そこそこ詳しく解説してくれているアプリもありますので見てみると面白い発見があるかもしれません。

あとがき

スマホを買った当初、待機画面に出た「アプリのアップデートが必要です」というお知らせ自体が詐欺メールに思えたこともありました。

というのは、セキュリティがよくわからなかったときで、アプリをインストールしてそんなに日が経ってないのにアップデートとは?というわけです。

アプリのアップデートはあくまでもアプリの運営側の都合なので、スマホにいつインストールしたかは関係ないのだと思います。

あと、ギガバイトの残量を気にしなくて良い人はいいですが、毎月のギガバイトをやり繰りしないといけない人は、残量が少ない月末などのアップデートはWi-Fi環境にいることを確認してからのアップデートをおすすめします。