lifelifehack.com

身近な節約・身近な発見・身近なお知らせBLOG

フリマアプリの初心者のおすすめと数年経過の報告みたいな・・・。

こんにちは、こんばんは、ニンジャです。

今回はフリマアプリです。

 

フリマアプリとは

スマホにアプリを入れることで、個人の所有物を売買するフリーマーケットのような取引ができるアプリのことです。

以前からあるヤフオクのようなオークション形式ではなく、スーパーマーケットの駐車場などで見かけるフリーマーケットのように、売る側が値付けをして、買う側は値引き交渉ができたりします。

実際のフリーマーケットと違う最大のメリットは、出品物はアプリ上に表示されるので一度出品すれば24時間いつでも購入可能となり、夜中に売れていたということも。

基本的には、各アプリの出品方法通りスマホで写真を撮り、記載箇所を全て記入又は選択をし、値段を決めて出品となります。

フリマアプリ初心者のおすすめ、ペイペイフリマ・ラクマ・メルカリ

スマホ決済のペイペイをやっている人は『ペイペイフリマ』。

スマホ決済の楽天ペイをやっている人は『ラクマ』。

いずれもやっていない人は『メルカリ』。

これがフリマアプリをやったことがない人が導入しやすいアプリで、スマホ決済と紐付けしておくと出品物が売れた場合の売上金も使いやすいと思います。

ちなみに僕は3つともやってます。

以前はメルカリが一番使いやすい印象でしたが、ペイペイフリマもラクマもどんどん使いやすくなっています。

どのフリマアプリが売れやすいかというと、基本は変わらないという印象です。

ただ、ペイペイフリマがクーポン発行頻度とそのクーポンの額にかなりの魅力があるので、買う側の購買意欲を刺激すると思いますし、売る側の手数料を期間限定で安くするなどとにかくキャンペーンが多いです。

メルカリはダウンロード数がダントツ1番なので、そのぶん多くのユーザーの目に留まりそうです。

ラクマは手数料が他と比べると安いので、出品した物が売れた場合の利益が良い印象です。

全般的に、大きさなどの配送料が各社異なるので利益が低いものほど出品前に計算を念入りにしましょう。

フリマアプリの注意点

スマホさえあればとても簡単に始められるフリマアプリですが、数年使って見えてきた注意点をいくつかお話します。

先ずは出品物が、コロナでの転売で問題になったように出品禁止物になったような場合。

マスクは事前に出品禁止になるという通知が運営側から何度かありました。

でも、法律が制定されるほどの大ごとになったのは初めてではないでしょうか。

なので、これから始める人は、運営側の通知は必ず目を通すことをおすすめします。

そして、運営側が定める出品禁止のカテゴリーや物も必ずチェックしましょう。

断捨離などでたくさん出品予定の人は、定期的に運営側が定める出品禁止項目を見て自分が出品している物が対象ではないかをチェックしたほうが良いですね。

次に、出品して売れ出すと面白くなって、部屋中を見回して売れそうな物を手当たり次第に出品してしまいがちです。

気がついたら思い出の物や最初は売るつもりがなかった物まで出品してしまっていた、なんてこともあるので気を付けたほうが良いです。

次に値付けですが、慣れるまではどんな物を出品するにせよ、先に出品している人の値段を参考にするなどして相場を見てから値付けすることをおすすめします。

例えば、お菓子に付いているキャラクターのカードで、自分が集めていてダブりが出たので300円で出品したら一瞬で売れた。

売れてから他の出品を見たら、同じカードがプレミア価格で1万円近い値段で売れていたなんてことがあります。

自分は2つ持っていても他の人が持っていないことがよくあります。

1万円のような値段がつくのは大半が初期ロットですが。

 ちなみに僕の地元のマンホールカードは、ロットを問わず1枚600円から1000円で過去に売れてました。

そして、値付けと同時に売れた時の梱包サイズをチェックです。

割れものなどは、売れてプチプチを巻いたら、当初配送料を計算した予定梱包サイズに収まらなかったということもありますので。

f:id:nishiokaninja:20200821151057j:plain

写真AC

あとがき

最初に売れた物は、アルバム整理をしていた時に出てきた観光地のパンフレットでした。

30年以上前のもので、アルバムにプレスされて日焼けもなかったので、いっきゅっぱ!

値付けも適当でした。

捨てるつもりのパンフレットをメルカリで1980円で出品。

すると半月放置で売れました。

そのパンフレットは他の出品者のものを見たことがなかったので何とも言えませんが、勢いで他にもいくつかパンフレットなどを出品しましたが惨敗だったので、1980円の売却ははっきり言って奇跡だったと思います。

後は、趣味の物がよく売れました。

最近も意外な物が売れました。

物が何なのかは特定を避けるために明かせませんが、一向に売れなかったので、メルカリ、ラクマ、ペイペイフリマを定期的に4回くらい出し直し、売却を諦めたときも含めて足かけ2年弱で売れたという物。

それでも購入してくれた人のコメントは「ずっと探してました!」でした。

その人の目をかいくぐるように出品し直しをしていたようで、ひとつのアプリ上に放置していたほうが早く売れてたのではと思いました。

自分で売って梱包するなどが面倒くさい人は、買い取り業者へお願いするのが手っ取り早くおすすめです。

ゴルフ用品の宅配買取【リサイクルネット】 カメラ買取【リサイクルネット】

釣り用品やキャンプ用品の買取【リサイクルネット】