将棋のルールは難しい?!

「セミリタイア生活」ボタンの応援ポチ、していただけたら嬉しいです(^^)
ーーーーーーーーーーーーーー

昨晩、子供が「スイッチをやる以外で面白い遊びはない?」と聞いてきたので、盤上を変更するだけでいくつかのゲームができるボードゲームを出しました。

*スイッチとはニンテンドースイッチのことです(^^)

そのボードゲームはかなり前に買って、付属してる数枚の盤の中でオセロや将棋をしただけでチェスや囲碁などはやらずにしまってあったもの。

そのゲームボードは、購入当時、子供は年齢的に理解ができなかったので、僕とパートナーが遊んだだけでした。

で、今回初めて子供と対戦したわけです。

いくつかの選択肢から「将棋」を選びました。

子供は将棋自体が初めてでルールを知らないので、僕が教えながらやるわけなんですが、ゲームに付属してるルール冊子は簡単な説明しかなくてゲーム中に戸惑うことが多々ありました。

成ったときに、例として飛車の動きは図で載ってても角行は載ってないとか。

成ったときは駒をひっくり返したら駒の表と違って達筆な漢字で読めないとか。

結局、スマホ片手にルールを調べながら、駒が成った後の動きなどを調べながらやりました。

こんなときにスイッチソフトなどのゲームでやると、ルール違反になる動きはできないようにしてるんだろうな、と思いました。

ゲームに付いてたルールの冊子や僕の古い記憶をたよりに自己流で教えても、今後、子供がどこかでやったときに間違いを指摘されそうですし。

*スマホでルールをいちいち調べるのはかなり面倒なのです(ToT)

この将棋というゲームは、改めてやってみるとかなり頭を使うとわかったので、ボケ防止にスイッチソフトを買おうかと考え中です。

スマホアプリでもありそうですが、スマホは目が疲れるので老眼には厳しいので(^^)