lifelifehack.com

身近な節約・身近な発見・身近なお知らせBLOG

グーグルアドセンスの審査を通過して、はてなブログやワードプレスのサイトの収入があったのか?

こんにちは、こんばんは、ニンジャです。

今回はグーグルアドセンスについてです。

グーグルアドセンスとは

グーグルが提供しているコンテンツ連動型の広告配信サービスです。

自身で作ったサイトやブログを収益化したい人向けにグーグルアドセンスが広告を提供します。

本来はASPと提携してサイトやブログを書くたびに広告を貼り付ける作業があるのですが、グーグルアドセンスが言う「収益化の手間は減らして、コンテンツの制作に集中しましょう」という言葉の通り広告を選ぶ必要がありません。

グーグルアドセンスの審査を通過するためには、最低記事数や記事内容など様々なことが言われていますがどれも定かではないようです。

グーグルアドセンスが認めるコンテンツを書ければ合格は間違いない。

こんなアバウトな話になりますが、グーグルアドセンスが言う「コンテンツが第一」ということです。

数記事書いて、グーグルアドセンスに申請。

合格したらコードを貼り付けて完了となります。

ASP

アフィリエイト サービス プロバイダ、略してASP。

提携したASPの広告を自身で運営するブログやサイトに貼り付けます。

広告には、広告からユーザーが購入した場合に報酬が入る「成功報酬型広告」や広告をクリックしただけで報酬が入る「クリック型広告」があります。

グーグルアドセンスは後者の「クリック型広告」です。

「お客様のAdSenseアカウントでの広告配信を制限しました」のメールが突然来た!

f:id:nishiokaninja:20200817170214p:plain

 

僕がグーグルアドセンスに合格したのが2020年7月3日で、2ヶ月未満の8月16日に上に貼り付けた広告配信制限のメールが来て万事休す。

まさかの配信制限です。

ブログを書こうとパソコンに電源を入れて『はてなブログ』を開くと・・・?!

収益が思うように無くても、キラキラした広告はブログを書くモチベーションになっていたのは紛れもない事実。

「お客様のAdSenseアカウントでの広告配信を制限しました」を検索して調べてみると、「自分で広告をクリックしてしまった」又は「第三者が不必要に何回も広告をクリックした」の二択のようです。

クリック型広告の欠点ですね。

興味があれば見るのが心理だと思うのですが、僕が調べたサイトの記事内容では、2記事で10数回同一人物にクリックされて広告配信が終了したとのことで、広告配信制限のペナルティを運営者が受けることを知ってて行う悪意あるユーザーもいるとのことです。

対策は、原因の行為を調べてグーグルアドセンスに報告するか、とりあえず放置。

いずれにしても、1週間から30日くらい広告配信制限となるペナルティのようです。

7月3日から8月15日のアドセンスの収益は、皆さんが公表しているような高額ではなく、1ヶ月の『はてなブログ』代も払えないもの。

だから収益的なショックは無いのですが、皆さんが公表しているようにすんなりと審査を通過したわけではなかったので、苦労したのに消えるのは一瞬という、こちらの意味のショックが大きい。

ちなみワードプレスのサイトも連帯責任のように広告配信制限。

ワードプレスのサイトは訪問者が1週間に1ユーザーもいない検索圏外のサイトでしたが、アドセンスの審査はしっかり『はてなブログ』とは別に受けたので、連帯責任的な広告配信制限は意気消沈以外ありませんでした。

ついでにワードプレスのことを言うと『はてなブログ』は誰か彼かブログに訪問してくれるのに対して、ワードプレスは大海原の手漕ぎボートのようです。

知識が無い運営者のサイトは訪問者0は当たり前。

頻繫に来るテーマやプラグインの更新など、知識が無いとセキュリティーもままならない感じ。

だから『はてなブログ』はとても安心して利用できる、ブロガーに優しいプラットフォームだと思います。

アドセンスとは関係ないですが、最近提携したASPの『もしもアフィリエイト』は、ブログに載せていた音楽のYouTube動画が公式ではないとのことで1ヶ月も提携せずしていきなり提携取り消しのメールが来ました。

思い当たるYouTube動画は有名アーティストのもので、公開年が10年前、再生回数1億回超えのものしか思い当たりませんでした。

動画を差し替えようと思いましたが、ブログ自体を削除で対応。

ちなみに、広告配信制限になる前日に『はてなブログ』でしたことは、画面(テーマ)を変えてサイドバーの広告配置を変えたくらいです。

その際に広告をクリックしてしまった覚えはありません。

アドセンスも『もしもアフィリエイト』もそうですが、どのサイトの何が原因とまでは詳しく特定して言ってはくれません。

ポリシーを読んでください・・・。

インターネットの世界で桁違いに稼いでいる人がいると聞きますが、そんな人はとても頭の良い、ポリシーを熟知した人なんだと思わずにはおれません。

グーグルアドセンス広告配信制限後のこと

8月16日(日)に突然メールが来て広告配信制限。

8月23日(日)。広告配信制限から毎日チェックしていますが、広告は復活せず1週間が虚しく過ぎました。

8月27日(木)。10日が過ぎましたが広告配信無し。

8月31日(月)に広告配信制限解除。復帰までキッチリ2週間かかりました。

ちなみに広告配信制限解除のメールは来ずに広告配信再開です。