自動車税納付をペイペイで支払ったけど・・・。③

『lifelifehack.com』です。

どこまで話しましたっけ?

そうそう・・・ペイペイで払おうとしたら、チャージしても支払いできる金額にならなかったところまででした。

オンボロの小さい国産車ですけど、軽自動車ではないのでしっかり税金を取られます。

軽自動車のほうが大きくて車内広々なんですけど、年寄りなので「普通車神話」を信じるんですよね。

それと、今どきの軽自動車ってトータル200万円近くなるのでビックリです。

軽自動車は、見積り段階で家族に却下されました。

でも、安い普通車買って高い税金払って、たいていが二束三文の安い買い取り額。

対して、軽自動車の買い取り額って全体的に結構良かったりしますよね・・・。

あっ、また話が逸れました。

車の話はさておき、ペイペイです。

追加チャージして、いざ支払いです。

僕のところに来た納税通知書を見るとバーコードは2ヶ所ありますが、住所が書かれてない朱色の「領収済通知書」の方のバーコードを読み取りました。

先ず、スマホの待機画面でアプリのペイペイをタップ。

次に、ペイペイの画面で左上の方にある「スキャン」をタップ。

そして、バーコードの読み取りが成功したら画面上に金額が出るので、金額が間違いなければ「支払う」をタップ。

この操作は、ものの1分もかかりません。

領収印が無い通知書が手元に残るだけ・・・。

3万円を一瞬でスラれた心にすきま風が吹きます。

*僕の場合、支払いの画面操作の方法は、ペイペイの画面で右上の鐘マークをタップすしてスクロールすると「〇〇県の自動車税はPayPayでお支払いできます!」とありました。

ちなみに、僕のところに来た納税通知書の説明の紙には、

「・・・納税確認を電子的に行うことが可能になったため、車検時に継続検査等用の納税証明書の提示が、原則、省略できるようになりました。」

とあります。

県名が入ってるので全国的にそうなのかは不明です。

何はともあれ納税が完了しました。