固定費の中で削減困難な電気料金をTポイントで補ってます

貯まったポイントの消化をするのが面倒ですのでポイントカードやクレジットカードを統一できるなら全てを統一したい今日この頃です。

まぁ、それは無理な話ですが。

たいていのポイントは1ポイントが1円に化けるのだから本来は歓迎すべきことなんですが、以前は少なからず楽しかったポイントカードなどの管理が年齢のせいか今は面倒になりました。

早期退職して無職暇人なので時間は無限にあるのに、ポイントカードやクレジットカードの管理で貴重な時間が取られるのが嫌になったわけです。

*貴重な時間とは、ボーっとする時間や子供といる時間など。

お金はたいていの商品やサービスに化けるのでマシですが、ポイントカードやクレジットカードのポイントは交換先が決まってて、それが多岐にわたり、「〇〇ポイント貯まったら使える」とか、細かく有効期限があるとか・・・。

ちなみにTポイントは僕の場合の話で、僕は電気料金の足(た)しにしてます。

*地方によって電気料金に使えたり使えなかったりが異なると思いますので、一概に言えません。

東海地方に住んでる僕が契約してる電気は中部電力です。

そこでは、TポイントやPontaポイントが100円の電気料金相当に交換できるなど、他社ポイントを電気料金相当に交換できたりします。

他にも銀行やJALのマイルなどがありましたが詳しくないので割愛させていただきます。

さて、最近のスマホ決済で特に優勢が目立ってきたのがペイペイで、本当にどこでも使えるんじゃないかと思うほど。

なので、我が家が外出先の買い物で9割以上をペイペイで支払ってるということもあり、ヤフーカードとペイペイを紐付けしました。

*ヤフーカードは年会費無料のもので、会社を辞める前に作って放置してました。

そこでTポイントの使い道を僕なりに探したところ、電気料金に行き着いたわけです。

使用先は電気料金のみ。

Tポイントが貯まらない他のポイントカードやクレジットカードは我が家では淘汰(とうた)される感じ?かも。

貯まったポイントを使うために無理して少額の買い物をするような無駄なこともほぼなくなりました。

必ず必要になる固定費に充(あ)てれるポイントはめちゃくちゃおすすめです。

個人的には、楽天ポイントも中部電力で使えると完璧なんですが(^^)