lifelifehack.com

身近な節約・身近な発見・身近なお知らせBLOG

『岡崎市プレミアム付商品券』2020を使ってみた

こんにちは、こんばんは、ニンジャです。

今回はローカル話です。

岡崎市?

愛知県の岡崎市のことです。

徳川家康生誕の岡崎城、そして八丁味噌などで有名です。

八丁とは岡崎城より西に約870メートル(八丁)、そこにあった八丁村(現在は八帖町)が由来で、八丁味噌とは江戸時代初期からつくられている豆味噌の銘柄です。

現在は『まるや八丁味噌』と『カクキュー』がその製法を守っています。

ご当地ラーメンやスイーツにも使われているので、観光の目的地としてかなりおすすめです。

他には、岡崎市はユーチューバーの東海オンエアさんの活動拠点としても有名です。

岡崎市プレミアム付商品券

市挙げてのお得な商品券は、役所の前に並んで手に入れたりするのをテレビで見ましたが、どこの市でも大人気で完売のように見えます。

そんな人気な商品券ですが、岡崎市は「LINEで応募のデジタル商品券」と「往復はがきで応募の紙の商品券」の2種類があります。

スマホを持っていない人やデジタルに対応していないお店などのために2種類用意されたようです。

岡崎市に住民登録がある20歳以上の人が購入できて、応募自体は9月下旬で既に終了しています。

「デジタル商品券」は20万セットの販売で、当選者は10月16日まで購入手続きが可能。

「紙の商品券」は5万セットの販売で、10月15日までに返信はがきで抽選結果がわかり、当選者は購入可能な郵便局で現金で支払います。

その『プレミアム付商品券』ですが、購入額5000円で1000円のお得。

「デジタル商品券」は10月1日から使用可能。

「紙の商品券」は10月15日から使用可能です。

使用期限はいずれも2021年2月15日まで、です。

スマホ操作の画像

写真AC

デジタル版の岡崎市プレミアム付商品券を使ってみた感想

市が用意した使い方動画を事前の勉強に見ましたが、いきなりQRコードを読み取るという作業から始まるので、その作業をしたことがない人は、最初がわからない・・・。

LINEをよく知る人は余裕だと思いますが・・・。

youtu.be

「ホーム画面」から「マイQRコード」を使ってお店にあるQRコードを読み取った後、店員さんの指示に従う。

又は、友だち登録してあるトーク画面の『岡崎市プレミアム付商品券』の「共通券②利用」をタップして、利用する店舗名を「リスト」→店名横にある「詳細」タップ→「利用する」タップで進み、店員さんの指示に従う。

この「店員さんの指示に従う」ですが、結局のところ商品券を何千円分使用して端数の現金支払いなどがいくらになるのかを、店員さんにスマホ画面を提示しないといけないので、金額間違い防止&スムーズな会計のために最初から店員さんに見せながら画面を進むのが良いです。

利用する店舗名が「リスト」に無い場合があるので、やっぱり「店員さんの指示に従う」がベストだと思います。

わからない人は最初から店員さんに『プレミアム付商品券』を初めて使う、と言ったほうがレジで渋滞を作らなくていいかも、です。

僕は今回、近所のアオキスーパーで初使用しましたが、お店のカードを出して、次にスマホの操作、次に財布を出しての端数の支払い、という動作が客側として面倒くさく感じました。

商品券自体が1000円単位での使用なので、紙の商品券ならお札感覚で使えるますし、現金オンリーのお店では従来通りの紙の商品券が使いやすいと思いました。

スマホ決済には慣れてると思う僕ですが、スマホ決済のように端数まで支払えない「デジタル商品券」初使用での感想は「紙の商品券」に軍配が上がりました。

※何はともあれ、LINE画面のプライバシーが気になる人は、動画で勉強してから利用するのが良いです。

追記

以下は10月14日にLINEできた注意事項になります。

●デジタル商品券の購入期限は「10月16日(金)」です。期限を過ぎると購入できませんのでご注意ください。銀行振込の方も、10月16日(金)の振込可能時間までに必ず手続きを完了してください。

●購入時に購入口数を間違えて、当選口数よりも少ない口数で購入してしまうケースが見られます。今一度、当選口数分の購入が完了しているかご確認ください。(未購入口数がありましたら 10月16日(金)までにお手続きください。)

●デジタル商品券ご使用時に、店舗の検索や選択を間違えるトラブルが発生しています。店舗の選択にはレジに設置してある「QRコード」を読み込むことで選択ミスを防止できます。(デジタル商品券ご使用時は、必ず店員の方にスマホを提示して店舗・金額を確認してください。)