洗濯機の洗濯槽を「洗濯槽クリーナー」で掃除3回目

昨年(2021/5)に購入した洗濯機の洗濯槽の掃除3回目。

掃除は、どこにも行かないゴールデンウィークの良い暇つぶしです(^^)

前回はいつやったのかを調べたら、3月7日にやってました。

そのブログ記事はこちら⇩
ーーーーーーーーーーーーーーー
★関連記事:洗濯機を洗濯槽クリーナーで掃除。結局、何がいいのかな⇩
https://www.lifelifehack.com/entry/sentaku307
ーーーーーーーーーーーーーーー

前々回(1回目)は、液体タイプを使ったことだけは覚えてますが、いつやったかもメーカー名や製品名も忘れてしまいました。

前回(2回目)は、《くらしリズム》の『酸素系 洗たく槽クリーナー』の粉末タイプを使用しました。

そのときは、洗濯機の説明書通りにやっただけで、水は洗濯機が入れるに任せた常温の水を入れたのでした。

それでも汚れはびっくりするくらい取れてました。

しかし、今回のように2ヶ月もせず再び掃除をしたくなったのは常温の水を使ったからかもしれません。

または、使った洗濯槽クリーナーが塩素系じゃなかったからかも?

真相はわかりませんが、3月7日にやって4月の中旬には掃除したくなり、4月30日におこなったのでした。

今回使った洗濯槽クリーナーは、『アリエール サイエンスプラス洗濯槽クリーナー』の粉末タイプです。

ちなみに、我が家の洗濯機はドラム式ではなく、縦型で穴あり槽の洗濯機です。

さて、今回使った『アリエール サイエンスプラス洗濯槽クリーナー』の袋に書かれた使用方法の「ぬるま湯(40℃程度)を使うと効果的です」をやってみることにしました。

事前に5リットルくらいのお湯を沸かしておいて、洗濯機が洗濯槽の洗浄設定で水を入れ始めたときに40℃前後になるようにお湯を足していきました。

途中、そのお湯足しでは40℃前後の水温をキープできなくなり、高温設定のシャワーの温水を足すことで何とか上手くいきました。

頑張ったかいあって、洗濯槽に満タン(必要量)になったときの温度を測ったら38.9度でした(^^)

今回の洗濯槽掃除で半年はキレイを保って欲しいところですが、洗濯機の説明書では2ヶ月に1回を推奨してましたので、欲張らずに「2ヶ月以上は保って欲しい」にしときます。

12時間コースの設定でやってるので、今も洗浄中です(^^)

さて、どうなることやら・・・。


★関連記事:洗濯機を洗濯槽クリーナーで掃除。結局、何がいいのかな⇩
https://www.lifelifehack.com/entry/sentaku307