早期退職のデメリット

勤めてる会社を早期退職することによるデメリットは、ローンが組めなくなるとか、クレジットカードが作れなくなるとか。

また、会社を辞めるわけですから収入がなくなる。

転職が決まらないとか言う人もいるようですが、そもそも「早期退職」は「転職」が目的じゃない気がするのです。

転職は単に転職という、そんな気がするのです(^^)

会社を辞めたが最後、二度と会社勤めはしないと決めたような人や辞めてもたまにアルバイトをするとか悠々自適でやっていける人がするものだと思います。

会社側が早期退職者を募って希望者が辞めていく「早期退職制度」や「早期優遇退職」にしても、自己都合で辞めるよりは退職金が何倍も出そうですし。

その場合は、払いきれないローンがあるとか金使いが荒いとかじゃなければ何ら問題はない気がします。

僕の実体験では、早期退職後に、ある家電量販店でクレジットカードを作ろうとしたら通らなかったです。

なので、会社を辞める前にクレジットカードを作っておいたほうが良いのは確かな気がしましたが、辞める前に是が非でも作りたいクレジットカードというのが僕にはわかりません。

たいていのクレジットカードを作る際に入力する職業の欄ですが、「主婦」や「主夫」があるクレジットカードなら早期退職後の無職でもウソの記入じゃないと思うので、早期退職後でも普通に作れると思います。

ちなみに、カード会社名は割愛しますが、僕は「主夫」として年会費無料のクレジットカードを早期退職後に作ったことがあります。

我が家は、僕が会社勤めだったときも今も、パートナーは専業主婦なので、現在は2人揃って無職ですが特に不自由無く暮らしてます。

ローンに関しては、ローンを組めないという前に、ローンを組むような買い物をしようとは思いませんし、組むつもりもないので困りません。

ただ、最近ちょっとデメリットに思うのは、散歩とかで町内会の年寄りに会うことで、自分が無職であるのを気づかれて役や雑用を頼まれるのではないかということ。

それと、子供を学校や習い事に送ると、お父さんの仕事は?みたいに先生や子供の友だちに子供を通じて探りを入れられること。

最近は自宅で仕事をしてる人がたくさんいるみたいなので、子供には無職と言わずに家で仕事してると伝えるように言ってますが、町内会の年寄りは勘がいい人が多そうなので会わないに越したことはない感じです(^^)