子供とお年寄りにスマホは必要かを考える早期退職者

お年寄りがスマホを持つと脳の活性化になりボケ防止になると思いきや、ボケ防止どころかボケ促進になるという意見があるとか。

子供の教育現場にタブレットが普及してきたと思ったら、自分の子供にはスマホとかを持たせなかったというスマホ開発者がいたとか・・・。

もう何が真実かわかりません。

スマホを見る人の画像

中高生になると当たり前のようにスマホを持ってたりします。

中学は学校への持ち込みはダメかもしれませんが、下校途中にスマホをいじってるのを見かける高校生は持ち込みOKなのでしょう。

小さい子供に持たせる子供携帯に始まり、それに紐(ひも)付けされる「マイ電話番号」や「LINEアカウント」が子供のものとなり、それを友達に教え始めると手放せなくなると思います。

もちろん友達もスマホとかを持ってないと意味ないですが、「友だちはみんな持ってるよ!」と言われると親はいつまでも受け流せないかも。

親は「自分たちが小さかった頃はスマホなんてなかった」と言って子供に与えるのを少しでも先延ばしに。

とは言いつつ、親が肌身離さず持ってて隙(すき)あれば見てるものを、子供が持ちたいというのを否定しにくくなりました。

学校の教科書には学校で使うタブレット用のQRコードが載ってるので、家で子供が予習や復習をするのにスマホなどがあれば抜群に便利みたいです。

スマホを使いこなす年寄りはアナログの年寄りに比べてボケないと僕は思いますが、どうなんでしょう?

そのうち統計か何かが発表されるかも。

子供がいての早期退職は、予定外の出費がもぐら叩(たた)きゲームみたいに出てきて冷や汗が出ます。

子供には(スマホを持ちたい欲求だけじゃなく)家計を理解して節約や自粛でお願いしたい今日この頃です(^^)