lifelifehack.com

身近な節約・身近な発見・身近なお知らせBLOG

Wi-Fiルーターを始めたりやめたりで、結局はUQモバイルのスマホでテザリング

『lifelifehack.com』です。

前回の続きのような、そうでないような備忘録的な内容です。

机の上のパソコン

写真AC

Wi-Fiルーターを始めたりやめたりで、結局はUQモバイルのスマホでテザリング

2010年くらいの頃、大手家電量販店でパソコンを購入した際、同時にWi-Fiルーターを契約して使用していました。

月々3800円くらいだったと思います。

それが一番安いネット環境の維持費だと思っていたのです。

パソコンはというと、思ったほど使いこなせず、通販サイトの楽天やAmazonを見たり、わからない言葉などを調べるだけ。

月にどれくらいのデータ量かと調べたら、わずか数ギガバイト。

そんなときに目に入ったのが、スマホをルーターのかわりにしてパソコンが使える、いわゆる「テザリング」です。

シムフリースマホをネット通販で購入し、UQモバイルのデータシムで維持費1080円になりました。

※以前の『au3GガラケーからUQモバイルのスマホ』で出てきたデータシムのスマホはそんないきさつで使い始めました。

UQモバイルは家電量販店内の店舗で、ネット通販で買ったそのスマホを持ち込み、店員さんに設定などをお任せしました。

早期退職した際に、たまたま知った石田塾のために再びWi-Fiルーターを契約

それから年月が過ぎて、会社を早期退職した際に、たまたま知った石田塾というネット塾に入り、そのために再びWi-Fiルーターを契約。

そして、ネット塾が終了し、塾で教えてもらったキンドル出版などをするだけの僕のパソコン作業はそんなにデータ量を使わないので、再びWi-Fiルーターを解約。

2度目の解約は、Wi-Fiルーターの使用期間が短かったのでガッポリと違約金が発生しました。

zoomやSkypをする必要がなかったので、違約金を払ってでも解約する価値アリと計算してのことですが、確か違約金9500円+契約解除料15000円くらい。

ちなみに1度目の解約は、解約無料月に解約した気がします。

Wi-Fiルーターを使ってた時は、家に光回線などを入れてる人と同じで24時間ネット環境でした。

はてなブログを書くのに何も気にせずパソコンを立ち上げ、キンドル出版のアップロードもデータ量は気にせず。

ネット塾ではSkypeでやり取りしたり、教材としてYouTubeをかなり観たのでデータ量を全く気にしないWi-Fi環境はとてもありがたかったです。

UQモバイルのスマホは「高速」「低速」の切り替えができる

節約志向の僕は、再びデータ量を気にしてのスマホでテザリングの作業になりましたが、UQモバイルのスマホは「高速」とデータ量を気にしなくて済む「低速」があり、YouTubeを特に観ないしブログを更新するくらいしかパソコンを使わない、という僕のような人におすすめです。

たまにあるパソコンのセキュリティなどを「低速」でアップデートするとちっとも終わらないことがあるので、その時はあきらめて「高速」にしますが。

余談ですが、気をつけたいのが、料金プランです。

一概に「低速」といってもプランが違うと速度も異なります。

一番安いプランの「低速」でのテザリングだと、使い方にもよりますが人によっては使えないと思うレベルです。